ゴジラ Wiki
Advertisement

モスラとは、極彩色の怪獣である。

概要[]

1961年公開の東宝映画『モスラ』登場が初出の怪獣である。蛾をモチーフとしている。

その後ゴジラ映画への登場や平成モスラ三部作などが製作され、ゴジラやラドンと並んで「東宝三大怪獣」とも称されている。

英語では「Mothra」。蛾を意味する「Moth」と母を意味する「Mother」を掛け合わせたものであり、本来の意味でもある「蛾の怪獣」という意味と「母性を象徴する怪獣」という意味を持っている。このため、人間の味方として登場する事が殆どである。環境破壊を繰り返す身勝手な人類に警鐘を鳴らしつつも、人類が窮地に陥った時には放っておけず加勢する母性の具現化である。時には自衛隊に攻撃される事もあったが、それでも見捨てずに人の営みを見つめ続けている。東京SOSでは、遂に人類(三式機龍)に命を助けられた。そのためか、女性や子供に人気がある。

蛾をモチーフとした怪獣のため、卵、幼虫、繭、成虫の形態変化があり、作中で幼虫から成虫へ変化する事も多い。逆に、成虫がやられたのちにそのかたき討ちを新たに生まれた幼虫が行う例もある。

モスラには小美人が欠かせない。「VSシリーズ」ではコスモス、平成モスラ三部作ではエリアス姉妹であるが、基本の部分はその他のモスラに登場する小美人と変わりはない。但し、「ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃」においては小美人が登場しない代わりに、湖から羽ばたく成虫モスラを見送る姉妹がいる。  また、小美人たちが歌う「歌」もモスラとは切っても切れない関係にある。有名な「モスラの歌」をはじめとして、これまでに数々の楽曲が作られ、音楽面でも映画に彩りを与えている。

中生代には原始モスラと呼ばれるモスラの祖先が生息していた。また、亜種としてバトルモスラ(=バトラ)がいる。

2019年公開の映画「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ」では、メガギラスとバトラを足して割ったような凶悪な面構えとなっている。また羽にはゴジラの目を思わせるような模様がある。ちなみに今回は小美人は登場しない。ゴジラが怪獣の王と呼ばれる一方、モスラは怪獣の女王と称される。ゴジラの旗持ちであり、見た目の凶悪さとは裏腹に一途。強大なギドラによって地球産怪獣が全員寝返る中、唯一ゴジラ側に留まっている。最終決戦ではラドンと戦い、熾烈な空中戦を繰り広げた。体格差によってかなり苦戦を強いられたが、隙を突いた一撃でラドンを墜落させ、逆転勝利した。しかしギドラの破壊光線からゴジラを庇って死亡してしまう。最期まで献身的なモスラであった。だがモスラの肉体から散った粒子がゴジラをパワーアップさせ、ギドラを打倒する決め手となっている。

監督曰く、「モスラは死なない。誕生、生、死、復活を繰り返している」と答えており、再登場の可能性が十分あり得る。

登場作品一覧[]

※1:「東京SOS」は1961年「モスラ」の続編でもあるがモスラ・小美人共に初代とは別と考えられる。 ※2:「FINAL」と「東京SOS」の小美人は同一人物(長澤まさみ・大塚ちひろ)が演じているが世界観が違う為モスラも別個体として区別。

Advertisement